見出し

 野生動物を見かけても、手を出さない。

地面の上で小鳥がバタバタしている事を見かけたら。
それはほとんどのケースで「巣立ちヒナの練習」です。どこかで親鳥が見守っています。ただしヒトがいると親鳥は近づけません。かわいそうと思って手を出すのは、親の前で子供を連れ去るのと同じ事になります。
親鳥はしっかりとヒナの面倒を見ていますので、決して手を出さないで下さい。

野生の中で命の原則は弱肉強食です。1つの命が別の命の糧になります。
野鳥は、1年生き延びて大人になれる数が少ないので、たくさん卵を産み短い時間で巣立たせます。
種類によりますが、かえったヒナは10日程度から3週間程度で巣立ちます。
ヒナを育てるのは一般的には虫の多くなる春から夏にかけてのようです。
ヒナが親離れしたら、また卵を産みます。
そうやって産まれたたくさんの小鳥も大人になれるのはごく一部です。
しかしこれで自然のバランスは保たれています。その自然のバランスにヒトは手を出さないのが基本です。

じつは野鳥の捕獲・飼育に関しては自治体によってスタンスが違うようです。
では富山ではどうでしょう?
富山県としては許可していません。
それどころか、鳥獣保護法に違反していることになるそうです。
野生の鳥や獣を捕獲した場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます。
捕獲の許可を出す場合としては、農作物への被害を防ぐためなどに捕獲が必要と考えられる場合のみです。県内では被害の報告が無い事から、捕獲の許可を出す事は無いそうです。

ただし、以下の場合は協力してあげて下さい。

肢環付きのハトを見かけたら。
記号を見て下さい。

JPNとあれば(社)日本ハトレース協会

NIPPONなら(社)日本伝書鳩協会のハトです。

野鳥で肢環をつけている場合は、保護のための標識調査と思われます。
(財)山階鳥類研究所へ連絡してみて下さい。


野生鳥獣の保護管理(環境省のページへ)

 ホームペットの獣医さん牛・馬・豚・鶏の獣医さんヒトの健康を守る獣医さん狂犬病について
 海外へ動物をつれて行かれる方へ獣医さんになるには野鳥・野生動物を見かけたら新聞掲載記事
 関連機関・リンク会員専用ページ富山県獣医師会について

 公益社団法人富山県獣医師会 〒 930-0901 富山市手屋3丁目10番15号県獣医畜産会館1階 TEL 076-451-0120

 Copyrights (C) 2010 Toyama Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.
HOME お問い合わせ リンク LOGIN 公益社団法人富山県獣医師会 人の健康を守る獣医さん 牛・馬・豚・鶏の獣医さん ペットの獣医さん